木のすまい工房

自然素材へのこだわり|千葉の注文住宅なら木のすまい工房

CONCEPT

私たちの住まい創り

自然素材へのこだわり|千葉の注文住宅なら木のすまい工房

自然素材へのこだわり

NATURAL

木のすまい工房は家族が健康に、安心して暮らせる住まいをご提供します。
木のすまい工房が創る家は、四季のある日本の気候に順応できる吸放湿性を持ち、室内の空気を汚すことのない無垢の木と選りすぐりの天然素材を標準で使っています。柱はヒノキ、すべての部屋の床と、居室のドアは無垢材、壁は漆喰・薩摩中霧島など、細部に至るまで徹底しています。
ここまでこだわる理由は、お客様が安心とする家づくりの最大のカギが天然素材にあると知ったからです。
近年問題になっている新築の住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれるシックハウス症候群。新築住宅に特有の空気の汚染が原因で起こると言われています。
室内空気の汚染源の一つとしては、家屋など建物の建設や家具製造の際に利用される接着剤や塗料などに含まれるホルムアルデヒド等の有機溶剤、木材を昆虫やシロアリといった生物からの食害から守る防腐剤等から発生する揮発性有機化合物があるといわれています。

健康面での安心、安全、建物の耐久性や機能性、そして何よりも暮らしの心地よさ。
人間も自然の一部である以上、家も自然素材だけでつくるのがいちばん良いのです。

肌触りが違う無垢の床

無垢の床に触れてまず感じるのは、優しいぬくもり。夏はひんやりと涼しく、冬はやさしく温かく。素足がよろこぶ質感です。
無垢材は優れた調湿性能を備えており、室内が乾燥すれば水分を吐き出し、湿気が多い時には水分を吸い込みます。無垢の木は、私たちと同じように呼吸しているんです。
木の優しい香りに包まれて、素足で暮らせる心地よさ。私たちがご提供する住まいは、無垢の床が標準装備です。
*一部、標準品でないものも含まれています。

ショールームではたくさんの無垢材を取り扱っています。一例として、ウォルナット・ヒノキ・オーク(ナラ)・チーク・パイン・桐・カバ・杉・栗・クルミ・竹等を、プランやデザインに応じて、自由にお選びいただけます。
同じ材でも、塗装を施したもの・無塗装のもので風合いが異なっており、とても面白いです。

  • img_01-1

  • img_02-1

  • img_03-1

  • img_04-1

  • img_05-1

  • img_06-1

  • img_07-1

  • img_08-1

  • img_09-1

  • img_10-1

  • img_11-1

  • img_12-1

美しく、空気を綺麗にする漆喰

室内の壁には、漆喰塗り壁を標準採用しています。昔の日本の家では、外壁も内壁も土や漆喰で塗られていました。漆喰と聞くと、日本の城や蔵をイメージする方も多いでしょう。
漆喰は石灰石を主原料とした壁材料で、耐火性・耐久性が高く、吸湿・放湿性に優れており、家の中の空気をキレイにしてくれます。
また漆喰は強アルカリ性であることから抗菌性に優れ静電気を発生させないので、ホコリを寄せ付けません。自然素材の漆喰壁は安心安全。私たちの健康を守ってくれます。
目に優しく、光と影を美しく演出し、思わず触れたくなる漆喰は、大いなる安らぎを与えてくれます。のびのびと深呼吸できる自然素材に包まれた空間で、いつまでも心地よく暮らしていただきたいと考えております。

〜 漆喰にこだわる理由 〜

  • CO2やホルムアルデヒドを吸収する
  • 天然素材である
  • メンテナンスが簡単
  • 調湿機能が優れている
  • 防音対遮光性に優れている
  • 好みの色が作り出せる

洋室にも合う薩摩中霧島

和室または居室一室の壁には、薩摩中霧島壁もお選びいただいております。
薩摩中霧島壁は、100%自然素材の火山灰の白州(シラス)を原料とした、最高級内装用仕上げ材で、優れた調湿性と消臭機能を備えております。

その上品で優しい風合いは、和室だけでなく洋室にもよく合い、見学会においても多くのお客様からご好評頂いております。
カラーリングは、静かな空間になじむ、落ち着いた色がそろっています。

また、左官職人によるコテの技巧で、さまざまなパターン模様も自由に楽しめます。

住まいの品格を語る無垢の扉

各室を区切る建具は、面積が大きいだけに、家のなかで圧倒的な存在感を放ちます。だからこそ、本物の質感と風合いを大切にしたいと考え、居室の扉は無垢材を標準採用しています。無垢の床との調和も、それは美しいものです。
「ドアに無垢材は贅沢では?」と思われる方も、実際に住んで使いはじめると、その品格ある存在感にうなずいてくださいます。時の蓄積とともに味わい深くなる無垢ならではの経年変化を、どうぞお楽しみください。
また、パイン材、アルダー材、ヘムロック材等の突板に自然塗装を施した優しい風合いの扉もお選びすることができます。

人と環境にやさしい
セルロースファイバー

  • 私たちが創る住まいは、断熱材にセルロースファイバーを標準採用しています。
    セルロースファイバーとは、新聞古紙からリサイクル生産される環境配慮型断熱材です。さまざまな太さの繊維が絡み合い、ふんわりとした厚い空気の層を作るとともに、1本1本の繊維の中にも自然の空気泡が存在しています。
    この空気泡が、断熱・遮音効果をより高めます。
    また、木材繊維ならではの吸放湿性で、年間を通して適度な湿度を保ってくれます。

  • セルロースファイバーの特徴

    ・材料供給から工事まで責任施工
    ・無結露20年保証
    ・新聞古紙からリサイクル生産
    ・木質繊維による調湿性
    ・繊維間の空気層による防音効果
    ・充填工法による施工精度の向上

構造の要は、最高級のヒノキの柱

木のすまい工房では、ヒノキの構造材としては最高級の院庄の乾太郎というブランドのヒノキをこだわって使っています。

ヒノキは成長の速度が遅く、伐採まで長くかかり、他の木や集成材と比べて値段も高価です。しかし、その木目は美しく繊細、調湿機能に優れ、蓄熱性が高く、そり狂いも少なく、耐久性はバツグンです。時間の経過とともににじみ出る風合いは、無垢のヒノキでこそ味わえる独特のものです。美しく強い日本の家には、日本で育ったヒノキの柱が最適なのです。

またヒノキの香りには、フィトンチッドと呼ばれる物質が含まれています。フィトンチッドには、食品への防腐、殺菌。カビ、ダニ、シロアリへの防虫。空気の浄化。悪臭を消す効果。自律神経の安定。快適な睡眠などの効果があると言われています。

〜 最高級ヒノキにこだわる理由 〜

  • 調湿機能が優れている
  • 自然素材なので一つ一つの木の表情が異なる
  • 集成材よりも強健である
  • 蓄熱性が高くぬくもりがある
  • 使い込むほどに風合いが出る
  • 肌触りが優しい

防蟻材も安全・安心な天然由来のホウ酸を使用

白アリ対策としてホウ酸を使用した防蟻処理を採用しています。
「ホウ酸」と聞いて思い浮かぶものといえば、目薬、あるいは殺虫剤のホウ酸団子ではないでしょうか。治療薬と殺虫剤、真逆の効果を持つように感じますね。これは、ホウ酸が哺乳動物に安全で、哺乳動物以外には厳しく作用するからできる芸当なのです。
生物は、細胞のホウ酸濃度が一定以上になると、代謝がストップし死んでしまいます。ですから、腎臓を持たない昆虫にのみ効果があるのです。体のつくり自体の問題ですから耐性を持つこともありません。
ちなみに、血液浄化作用のある哺乳動物は、細胞に届く前に尿で抽出されてしまうのでご安心ください。
また、鉱物由来のホウ酸は、分解や揮発することが無く、効果が低下しませんので長期保証が付けられることも大きなメリットです。

1.安全性
ホウ酸は非揮発性で空気を汚しません。床下の空気を循環させる工夫にも安心してご利用いただけます。ホウ酸自体安全性が高いので施工者にも安全です。
2.持続性
ホウ酸は分解されないので、効果が減衰することがありません。再処理ができない壁体内等の処理には必須です。
3.浸透性
ホウ酸は木材中のわずかな水分に溶け込み深く浸透していきます。
ただし、ホウ酸は水溶性のため地面に直に接していたり、雨曝しになる木材の保護には不適です。外構の木製ウッドデッキや柵には不向きですのでご注意ください。

自然素材をふんだんに使う
「呼吸する暖かい家」

冬の朝起きて暖かい、部屋間の温度差がない、空気がきれい、音が静か、地震に強い、このような住み心地を可能にした「呼吸する家」こそ、これからの日本の住まいのスタンダードになると思います。
森や木が呼吸するように、無垢の木・漆喰をふんだんに利用した住まいも呼吸し、年間を通じて快適な湿度や通気性を保ちます。
私たちが無垢の木・漆喰塗・最高級断熱材「セルロースファイバー」等にこだわる理由は、木や素材そのものが呼吸するため、調湿機能に優れている、使い込むほどに風合いと味が出る、蓄熱性が高く、ぬくもりを感じられる、表面がやわらかく肌触りがやさしい、などが挙げられます。

私たちの住まい創り

CONCEPT

千葉の注文住宅【木のすまい工房】

千葉で注文住宅を建てるなら【木のすまい工房】へ。
当社は住まいそのものに拘り、『強さと美しさ、そしてその先にある遊び心』をテーマに木のこだわり、自然素材をふんだんに使い、優れた材料、優れた技術で注文住宅を創造する千葉の工務店です。
私たち【木のすまい工房】は、大手住宅会社では扱いきれない様々な”個性のある自然素材”や”こだわりの素材”などをふんだんに使用し、デコレーションに頼らず素材その物の美しさをいかしながら、いつまでも飽きのこない住まい創りを行っております。
飽きのない住まいに遊び心をちりばめる事で50年後も100年後も住まい続けられる、『遊び心のある家』を創る事が出来ると信じます。
まず木のすまい工房では根拠をもった頑丈な住まいをつくるため 通常3階建てから必要な構造計算(許容応力度計算)を実施し耐震等級3をとっております。構造計算による耐震等級3の取得は注文住宅を検討する上で安心していただけるのではないでしょうか。
また、材料については、木のすまい工房は柱や土台に最高級の桧を使っております。木のすまい工房が使う桧は含水率15%まで乾燥させ建物を安定させ、強さはヤング係数110以上(土台は90以上)です。50年後も100年後も強い住まいをつくるために最高級の桧を使いたいという木のすまい工房の思いです。
そのすぐれた桧の耐久性を活かす断熱材がセルロースファイバーです。吸放出をする自然素材の断熱材セルロースファイバーは壁の中で結露を起こさず、優れた、断熱性能を発揮します。このような構造材が心地よい木の家を実現します。また、内装においても、自然素材にこだわっております。床材は全室、無垢のフローリング、壁は吸放出性能の高い漆喰壁と一部薩摩中霧島壁を使っており、いつも室内はきれいな空気です。
また、注文住宅をご検討であれば、デザインも重要です。木のすまい工房は根拠をもった構造計算で自由な発想で優れたデザイン住宅を目指しています。
千葉で多数の実績をもった木のすまい工房のデザイン住宅はショールームのギャラリーでご確認いただけます。
是非、ショールームや完成現場見学会で、自然素材にあふれる、木のデザイン住宅を体感してください。
【木のすまい工房】は、千葉県八千代市に店舗を構えておりますが、施工対応エリアは千葉県全域、東京、埼玉、神奈川となっております。(施工できないエリアもございます。)
アフターメンテナンスもしっかり行っております。
注文住宅に関する事ならお気軽に千葉の注文住宅の工務店【木のすまい工房】にお気軽にお問合わせ下さい。

私たち木のすまい工房は、
自然が素材に与えた強さと美しさを
絶えず研鑽し、そしてその先にある
遊び心を追求する集団です。

木のすまい工房

営業エリア:千葉県・東京都(一部地域)・埼玉県(一部地域)・茨城県(一部地域)

〒276-0046千葉県八千代市大和田新田917-5

  • TEL:047-450-2246
  • FAX:047-450-6360
  • MAIL:nattoku@kinosumaikoubou.com

お問い合わせ