木のすまい工房

徹底した現場検査へのこだわり|千葉の注文住宅なら木のすまい工房

CONCEPT

私たちの住まい創り

徹底した現場検査へのこだわり|千葉の注文住宅なら木のすまい工房

徹底した現場検査へのこだわり

Inspection

建築基準法の完了検査、住宅瑕疵担保責任保険の検査の他に、木のすまい工房では、建設住宅性能評価の検査を全棟実施しております。
建設住宅性能評価は第三者評価機関が現場検査を行い申請図面通りに施工が実施されているかを評価し、建設住宅性能評価書が交付されます。
さらに、木のすまい工房の標準施工手引書に基づき工事が確実に実施されているか、第三者機関による検査も実施しております。
建築基準法の検査、第三者機関の検査、社内検査、合わせて10項目の検査を実地しております。
とことん安心にこだわりたい。木のすまい工房の想いです。

改定日 2020年12月

建設住宅性能評価の検査

品確法の住宅性能表示制度に基づき、国に認定された第三者評価機関が住宅の性能について評価を行い住宅性能評価書を発行いたします。住宅性能評価には、設計段階に住宅性能を評価する「設計住宅性能評価」と、建設段階で実際に現場で検査をする「建設住宅性能評価」の2段階があります。建設住宅性能評価は第三者評価機関が『基礎』『躯体』『断熱』『完了時』の4回の現場検査を行い、設計住宅性能評価通りに施工が実施されているかを検査し建設住宅性能評価書が交付されます。

標準施工手引書に基づく検査

木のすまい工房では、木のすまい工房標準施工手引書に基づき施工を行っております。
その現場検査体制は社内検査の実施はもちろんのこと、『基礎』『土台』『屋根ルーフィング』『躯体』『防水』の重要な5回の項目に第三者機関の検査を実施しております。
お引き渡しの際に、現場監査記録書をお渡しします。

長期優良住宅

長期優良住宅とは長期にわたり良好な状態で使用するために、以下のような措置が講じられている住宅です。

  • 1. 長期に使用するための構造及び設備を有していること。
  • 2. 居住環境等への配慮を行っていること。
  • 3. 一定面積以上の住戸面積を有していること。
  • 4. 維持保全の期間、方法を定めていること。

木のすまい工房は素材、工法で長期優良住宅の認定を受けています

■耐震性能(地震に強い構造)
・精度の高い構造計算、許容応力度計算により構造材の許容応力や偏心率を算出。
・ヒノキの無垢柱、乾太郎を採用。1本1本強さを現すヤング係数表示の柱を使用。
・標準の150mm間隔の密な鉄筋配置に加え、許容応力度計算により補強筋等が追加となり、より強固な基礎。
(一部シリーズでは200mm間隔となります。)
■耐久性能(長く住まい続けるための劣化対策)
・外壁の通気層(湿気を外に逃がす工法)。塗り外壁は一体型の通気性抜群のエコ通気ラス工法を採用しております。ALCパネルは通気同縁工法を採用しております。
・防蟻処理の必要がない特定樹種に認定されたヒノキを土台に使用。さらに人に無害のボロンデガード(防蟻)を使用。基礎高さ450mmにより、地面(湿気面)から距離をとり、基礎断熱と床下換気システムにより床下空間を室内空間に近づけています。
■省エネルギー性能(断熱性を高めた快適な温熱環境)
・高性能、断熱材セルロースファイバーを使用。
・断熱アルミ樹脂サッシを採用。
・ガラスは日射の遮熱効果が高いLow-e複層ガラスを使用。
(シリーズによっては樹脂サッシもお使いいただけます。)
■維持管理・更新の容易性(点検、清掃、補修のしやすさ)
・将来、取り換え可能な配管部材を使用。
・床下点検のしやすさを考えた基礎内高さの設定と複数に及ぶ小屋裏点検口の設置。

上記の長期優良住宅の審査項目は性能評価の審査項目と合致します。
木のすまい工房は建設住宅性能評価を実施しておりますので、書類審査のみで、取得できる、長期優良住宅が現場審査により評価されることになります。確実な安心を得られます。

ZEHに対応しております

ZEH(ネット・ゼロエネルギー・ハウス)の基準は強化外皮基準(断熱、遮熱性能)と
一次エネルギー消費量、(冷房、暖房、給湯器等)再生可能エネルギー(太陽光等)から構成されています。
当社は再生可能エネルギーを設置することによりZEHの基準を満たすことが可能です。

ZEHを政府は2020年までに標準的な新築住宅とすることを目標に掲げています。
ZEH基準の住まいに向けて木のすまい工房では、目標を設定して取り組んでいます。
2016年度 実績12%
2018年度 実績0%
2019年度 目標50%
2020年度 目標60%

 

私たちの住まい創り

CONCEPT

千葉の注文住宅【木のすまい工房】

千葉で注文住宅を建てるなら【木のすまい工房】へ。
当社は住まいそのものに拘り、『強さと美しさ、そしてその先にある遊び心』をテーマに木のこだわり、自然素材をふんだんに使い、優れた材料、優れた技術で注文住宅を創造する千葉の工務店です。
私たち【木のすまい工房】は、大手住宅会社では扱いきれない様々な”個性のある自然素材”や”こだわりの素材”などをふんだんに使用し、デコレーションに頼らず素材その物の美しさをいかしながら、いつまでも飽きのこない住まい創りを行っております。
飽きのない住まいに遊び心をちりばめる事で50年後も100年後も住まい続けられる、『遊び心のある家』を創る事が出来ると信じます。
まず木のすまい工房では根拠をもった頑丈な住まいをつくるため 通常3階建てから必要な構造計算(許容応力度計算)を実施し耐震等級3をとっております。構造計算による耐震等級3の取得は注文住宅を検討する上で安心していただけるのではないでしょうか。
また、材料については、木のすまい工房は柱や土台に最高級の桧を使っております。木のすまい工房が使う桧は含水率15%まで乾燥させ建物を安定させ、強さはヤング係数110以上(土台は90以上)です。50年後も100年後も強い住まいをつくるために最高級の桧を使いたいという木のすまい工房の思いです。
そのすぐれた桧の耐久性を活かす断熱材がセルロースファイバーです。吸放出をする自然素材の断熱材セルロースファイバーは壁の中で結露を起こさず、優れた、断熱性能を発揮します。このような構造材が心地よい木の家を実現します。また、内装においても、自然素材にこだわっております。床材は全室、無垢のフローリング、壁は吸放出性能の高い漆喰壁と一部薩摩中霧島壁を使っており、いつも室内はきれいな空気です。
また、注文住宅をご検討であれば、デザインも重要です。木のすまい工房は根拠をもった構造計算で自由な発想で優れたデザイン住宅を目指しています。
千葉で多数の実績をもった木のすまい工房のデザイン住宅はショールームのギャラリーでご確認いただけます。
是非、ショールームや完成現場見学会で、自然素材にあふれる、木のデザイン住宅を体感してください。
【木のすまい工房】は、千葉県八千代市に店舗を構えておりますが、施工対応エリアは千葉県全域、東京、埼玉、神奈川となっております。(施工できないエリアもございます。)
アフターメンテナンスもしっかり行っております。
注文住宅に関する事ならお気軽に千葉の注文住宅の工務店【木のすまい工房】にお気軽にお問合わせ下さい。

私たち木のすまい工房は、
自然が素材に与えた強さと美しさを
絶えず研鑽し、そしてその先にある
遊び心を追求する集団です。

木のすまい工房

営業エリア:千葉県・東京都(一部地域)・埼玉県(一部地域)・茨城県(一部地域)

〒276-0046千葉県八千代市大和田新田917-5

  • TEL:047-450-2246
  • FAX:047-450-6360
  • MAIL:nattoku@kinosumaikoubou.com

お問い合わせ