木のすまい工房

論理、理論、理屈|千葉の注文住宅なら木のすまい工房

PRESIDENT BLOG

社長ブログ

論理、理論、理屈|千葉の注文住宅なら木のすまい工房

論理、理論、理屈

論理、理論、理屈

「理論」と「論理」違いを何気なく調べていたら、そこに「理屈」という文字が出てきましたので整理してみたいと思います。

英語では

「論理」は「ロジック(logic)」 「理論」は「セオリー(theory)」

だそうです。

 

そこで、ググってみますと

 

「論理・ロジック」とは、 1 考えや議論などを進めていく筋道。思考や論証の組み立て。思考の妥当性が保証される法則や形式。「―に飛躍がある」 2 事物の間にある法則的な連関。 3 「論理学」の略。 簡単に言うと想像ではなく、現実のこと、

「理論・セオリー」とは 個々の現象を法則的、統一的に説明できるように筋道を立てて組み立てられた知識の体系。また、実践に対応する純粋な論理的知識。「―を組み立てる」「―どおりにはいかない」 簡単に言うと現実ではない、想像のこと、

「論理・ロジック」が、現実、

「理論・セオリー」が、想像ですね。

 

そこで、面白い例を見つけました。

例)福引を考えて見よう。この福引は、取っ手を回すと中から白い玉か、黒い玉が出てくる。白い玉は当たりで、黒い玉ははずれ。さて、何度か挑戦した結果、すべて黒い玉が出てきた。

そこで、

「この福引は、黒い玉しか入っていない」

という理論を立てたとする。そのとき、この理論は次に出る玉を何色だと予測するか。

1.黒い玉しか入っていないからといって、白い玉が出ないとは限らない、と考え、白い玉であると予測する。ところが、実際に黒い玉しか入っておらず、黒い玉が出てきた。この場合、理論は正しかったが論理が間違っている。

2.黒い玉しか入っていないのだから、次に出る玉は黒であると予測する。ところが、実際には白い玉が出てきた。この場合、論理は正しかったが理論は間違っていた。

3.黒い玉しか入っていないからといって、白い玉が出ないとは限らない、と考え、白い玉であると予測する。実際に、白い玉が出てきた。この場合、理論も論理も間違っていたが、予測は正しかった。

この文章の中で、「取っ手を回すと中から白い玉か、黒い玉が出てくる。白い玉は当たりで、黒い玉ははずれ。」要は、福引なのだから、白い玉も黒い玉も入っている事が当たり前、この事が、論理・ロジック(現実)なのです。

「この福引は、黒い玉しか入っていない」白い玉が無くなった。もしくは、悪意で白い玉を抜いているが、理論・セオリー(想像)なのですね。

 

何となくわかってきたような気がします。

でも、難しいですね。

 

そこに、もう一つ、「理屈」があります。

理屈とは、無理につじつまを合わせた理論です。

現実を無視した条理(道理、道筋)の事です。

現実=論理ですので論理を無視した想像かもしれません。

理論は、論理を踏まえて想像しますので科学的とも言えます。

反対に、理屈は論理を無視した想像ですので非化学的とも言えます。

「理屈」は自分の考え通りに物事を進めたいため為だけの手段でしかありません。

 

「論理」「理論」「理屈」難しいです。まだまだ整理が足りません。

しかし、少なくとも、「理屈」で、物事を推し進めようとしては、前に進みません。失敗要素が増えるだけです。

 

木のすまい工房は議論を大事にする組織にしたいです。

だから、なおさらの事「論理」「理論」「理屈」の違いを理解して、

「理屈」で議論をしないようにしなければなりません。

「理屈」だけで押し通せる風潮は今からやめにしなければなりません、

本気で気を付けないと、

頑張ります。

 

今一度、「論理」「理論」「理屈」を勉強してみたいと思います。

 

皆様、これからも木のすまい工房をよろしくお願いいたします。

 

Posted by 阿久津 弘幸

阿久津 弘幸

厳しく優しい。とても慎重かつ大胆。
人のためにすることには2倍以上の力で頑張れる。
美しい建物が好き。
車好き。カメラ好き。読書好き。
【資格】 一級建築士・宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー(AFP)
【経歴】 大学時代は数々の設計コンクールで受賞。卒業設計は優秀賞受賞。
大手ハウスメーカに入社。10年以上設計に携わり1000件以上の実設計を経験後、支店長に就任(水戸、千葉)。
その後取締役営業本部長に就任。強さと美しさをテーマに多くの商品を発表。そして世界で一番お客様に近い会社めざし株式会社木のすまい工房を設立。
【モットー】 出来ないことは無い。出来るまでやるだけだ。

ARCHIVE

アーカイブ

GALLERY

ギャラリー

MORE

千葉の注文住宅【木のすまい工房】

千葉で注文住宅を建てるなら【木のすまい工房】へ。
当社は住まいそのものに拘り、『強さと美しさ、そしてその先にある遊び心』をテーマに木のこだわり、自然素材をふんだんに使い、優れた材料、優れた技術で注文住宅を創造する千葉の工務店です。
私たち【木のすまい工房】は、大手住宅会社では扱いきれない様々な”個性のある自然素材”や”こだわりの素材”などをふんだんに使用し、デコレーションに頼らず素材その物の美しさをいかしながら、いつまでも飽きのこない住まい創りを行っております。
飽きのない住まいに遊び心をちりばめる事で50年後も100年後も住まい続けられる、『遊び心のある家』を創る事が出来ると信じます。
まず木のすまい工房では根拠をもった頑丈な住まいをつくるため 通常3階建てから必要な構造計算(許容応力度計算)を実施し耐震等級3をとっております。構造計算による耐震等級3の取得は注文住宅を検討する上で安心していただけるのではないでしょうか。
また、材料については、木のすまい工房は柱や土台に最高級の桧を使っております。木のすまい工房が使う桧は含水率15%まで乾燥させ建物を安定させ、強さはヤング係数110以上(土台は90以上)です。50年後も100年後も強い住まいをつくるために最高級の桧を使いたいという木のすまい工房の思いです。
そのすぐれた桧の耐久性を活かす断熱材がセルロースファイバーです。吸放出をする自然素材の断熱材セルロースファイバーは壁の中で結露を起こさず、優れた、断熱性能を発揮します。このような構造材が心地よい木の家を実現します。また、内装においても、自然素材にこだわっております。床材は全室、無垢のフローリング、壁は吸放出性能の高い漆喰壁と一部薩摩中霧島壁を使っており、いつも室内はきれいな空気です。
また、注文住宅をご検討であれば、デザインも重要です。木のすまい工房は根拠をもった構造計算で自由な発想で優れたデザイン住宅を目指しています。
千葉で多数の実績をもった木のすまい工房のデザイン住宅はショールームのギャラリーでご確認いただけます。
是非、ショールームや完成現場見学会で、自然素材にあふれる、木のデザイン住宅を体感してください。
【木のすまい工房】は、千葉県八千代市に店舗を構えておりますが、施工対応エリアは千葉県全域、東京、埼玉、神奈川となっております。(施工できないエリアもございます。)
アフターメンテナンスもしっかり行っております。
注文住宅に関する事ならお気軽に千葉の注文住宅の工務店【木のすまい工房】にお気軽にお問合わせ下さい。

私たち木のすまい工房は、
自然が素材に与えた強さと美しさを
絶えず研鑽し、そしてその先にある
遊び心を追求する集団です。

木のすまい工房

営業エリア:千葉県・東京都(一部地域)・埼玉県(一部地域)・茨城県(一部地域)

〒276-0046千葉県八千代市大和田新田917-5

  • TEL:047-450-2246
  • FAX:047-450-6360
  • MAIL:nattoku@kinosumaikoubou.com

お問い合わせ